海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise 世界のニコンが挑む独自センサー開発!貴重な現場レポートの一部を公開

Enterprise

世界のニコンが挑む独自センサー開発!貴重な現場レポートの一部を公開

世界に名だたるカメラブランド、ニコン。プロダクトに使用されているセンサーは、ソニーなど、主に他の企業が担ってきた。しかし、この先はわからない。なぜなら現在、同社は独自にセンサーの開発に挑んでいるからだ。 ・貴重な開発現場...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
世界に名だたるカメラブランド、ニコン。プロダクトに使用されているセンサーは、ソニーなど、主に他の企業が担ってきた。しかし、この先はわからない。なぜなら現在、同社は独自にセンサーの開発に挑んでいるからだ。

・貴重な開発現場に潜入

情報源は、Dave Etchells氏。半導体物理学の修士号を取得し、長年エンジニアとして働いてきた同氏は、熱烈なカメラマニアでもある。そんな彼が興味を持ったのが、カメラに実装するセンサーの設計。取材をするため、さまざまなメーカーにアプローチしてきたが、どこからも門前払いだったという。

ところが、ここに救世主が出現。Etchells氏の無茶な(?)オファーに、あのニコンが応じてくれたのだ。他社製が主流と思っていた同社が、巨額の投資を行い、専属のチームを組んで、センサー開発に取り組んでいるとのこと。今回は、そのレポートの一部をご紹介しよう。(写真はすべてDave Etchells氏撮影によるもの)

Etchells氏が現場を取材して、まず驚いたのは、設計作業の細かさ。センサーをはじめ、大半のチップを設計する場合、製造会社によって確立された、標準プロセスに基づくのが一般的だ。一方、ニコンでは、独自プロセスを用いており、設計とシミュレーションは詳細にまで及んでいる。それは、長い間半導体に携わってきた同氏から見ても、驚愕するほど繊細な作業だったそうだ。

・カメラシステム全体の最適化をめざして


センサー開発には、多額のコストと、膨大な時間を必要とする。一流カメラブランドとして、その地位を確立している同社が、そこまでしてオリジナルにこだわるのはなぜか。

Imaging Business Unit開発部門第3開発部部長三本晋介氏に、この疑問をぶつけたところ、こんな答えが返ってきた。一番の理由は、カメラシステム全体を最適化できるからだという。独自のセンサーを設計することで、結果として画像品質の向上につながるそうだ。

Etchells氏の記事はかなり長文なため、ここでは要点を述べることしかできない。興味のある人には、原文の閲読をおすすめする。なかなかお目にかかれない、開発現場のレポートは貴重。カメラファンならずとも、思わず読みふけってしまう濃厚な内容だ。

souce by petapixel.com
imaging-resource.com
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報