海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 1980年代からやってきたAirPods! ペイントサービスのColorware が新デザイン追加

Start Up

1980年代からやってきたAirPods! ペイントサービスのColorware が新デザイン追加

以前紹介した米国のスタートアップColorwareを覚えているだろうか。AppleのワイヤレスイヤホンAirPodsとそのケースを、全く別の色に塗り替えるサービスを提供している。 そのColorwareがこのほど新たにラ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
以前紹介した米国のスタートアップColorwareを覚えているだろうか。AppleのワイヤレスイヤホンAirPodsとそのケースを、全く別の色に塗り替えるサービスを提供している。

そのColorwareがこのほど新たにラインナップに加えたのが、なんとオリジナルのマッキントッシュを彷彿とさせるデザイン「AirPods Retro」。熱烈なAppleファン、人と違うAirPodsが欲しい、という人は要チェックだ。

・レトロな雰囲気


Appleファンなら、今は単色のトレードマークのリンゴが、昔はレンイボーカラーだったのをご存知だろう。マッキントッシュが発売される前の時代だ。

新デザインでは、そのレインボーカラーのボタンをケースにあしらい、また全体的に黄色味を帯びた白色を基調としていて、いかにも1980年代の雰囲気を漂わせる。

外観はレトロ、しかし中身はれっきとした最新AirPodsなのだ。

・値段は倍以上


Colorwareでは、AirPodsを分解してペイントする。これまで扱ってきた単色の塗布であれば、AirPodsとケースを同じ色に統一したり、あえて違う色にしたりとカスタマイズできるが、今回のRetroバージョンはAirPodsとケースがセットになったペイントとなる。

お値段は、単色ペイントよりも高い399ドル(約4万5000円)。AirPodsそのものが159ドル(約1万8000円)であることを考えると、かなり割高ではある。しかし、“人とは違うAirPods”にこだわりたいという要望には十分応えるもの。気になる方はサイトをチェックしてみて。

Colorware
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報