海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 電子レンジ使用のたび排出される無駄なエネルギーでスマホを充電!東大のチームが研究中

Tech

電子レンジ使用のたび排出される無駄なエネルギーでスマホを充電!東大のチームが研究中

毎日、老若男女問わず、台所まわりで最も多用する家電製品といえば、電子レンジだろう。簡単に残り物や食材を温められる機械は、コンビニなどでもおなじみだ。電子レンジに使われるマイクロ波の使い道といえば、このように"物を温める”...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Yoshihiro-Kawahara毎日、老若男女問わず、台所まわりで最も多用する家電製品といえば、電子レンジだろう。簡単に残り物や食材を温められる機械は、コンビニなどでもおなじみだ。電子レンジに使われるマイクロ波の使い道といえば、このように"物を温める”機能だが、これ以外の用途に使えないかと、川原教授が所属する東京大学のチームが研究を進めている。

電子レンジでは、熱を発生させるためにマイクロ波が作動している間、少しずつエネルギーが流出し、一部のエネルギーが無駄になっているという。アメリカの宇宙開発機構NASAが取り組んでいる、無駄になっている太陽光エネルギーを集めて活用しようというプロジェクトにヒントを得て、研究チームでは電子レンジのマイクロ波のエネルギーに着目。考案しているのは、エネルギーを集束するアンテナが、余分なエネルギーを集め、他のデバイスへエネルギーを送るという装置である。

研究チームの初期テストによると、2分間の電子レンジ使用により無駄になっているマイクロ波のエネルギー量で、小さいバッテリーで動くキッチンタイマー程度のデバイスを、数分間動かすだけのエネルギーが集まったという。

ただ無駄にされるだけだったエネルギーを上手に活用し、キッチン周りの家電やツールを動作させたり、将来的には携帯電話の充電などに使われることも考えられる。無駄なエネルギーを減らすことは、二酸化炭素の排出量を減らすことにもつながるため、地球環境にも関わるこの研究が、ますます進んでいくことが期待される。

川原圭博 教授
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報