海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up シェアリング電動スクーターの「Lime」が373億円の資金を調達!Uberと業務提携へ

Start Up

シェアリング電動スクーターの「Lime」が373億円の資金を調達!Uberと業務提携へ

米国の電動スクーター/自転車シェアリングサービスLime Bikeは、3億3500万ドル(約373億円)の資金調達を行い、またUberと業務提携してUberのアプリからもLimeのスクーターを利用できるようになると発表し...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
米国の電動スクーター/自転車シェアリングサービスLime Bikeは、3億3500万ドル(約373億円)の資金調達を行い、またUberと業務提携してUberのアプリからもLimeのスクーターを利用できるようになると発表した。

米国、とりわけ西海岸ではスクーターシェアリングが急速に拡大していて、その波は欧州にも広がっている。いかにユーザーを取り込むか、シェアリング大手やテック企業を巻き込んで業界がヒートアップしている。

・創業2年目の新興企業


Lime Bikeは2017年にフロリダでスクーターシェアリングサービスを始めたスタートアップだが、わずか12カ月で全米と欧州70ものマーケットでサービス展開するという急成長をみせている。

そこに目をつけたのがテック企業やシェアリング大手。今回の資金調達はGV(旧Google Ventures)が主導し、Googleの持ち株会社Alphabetなども出資している。

・Uberアプリか利用も


3億3500万ドルという額もさることながら、今回注目を集めるのがUberの出資と、Uberとの戦略的パートナーシップの締結。これにより、Uberの顧客はUberアプリからスクーターも選択できるようになるとのこと。

Uberにとっては顧客に幅広い交通手段を提供でき、一方でLime BikeにとってはUberの顧客網を使って利用を取り込むことができるという、ウィンウィンの関係となる。

手軽、安い、交通渋滞とは無縁、そして環境に優しいとあって今、スクーターや自転車のシェアリングサービス業界は熱く、Lime BikeのライバルのBirdも先月3億ドル(約333億円)を調達している。今後ますますこの業界ヒートアップしそうな勢いだ。

Lime Bike
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報