海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise アップル社新製品公式発表目前! モバイルアクセサリーショップGHOSTEKが“廉価版”のレンダリングを公開

Enterprise

アップル社新製品公式発表目前! モバイルアクセサリーショップGHOSTEKが“廉価版”のレンダリングを公開

新作iPhoneの公式発表を、目前に控えた今夏。この段階で、いわゆる低予算バージョンの発売は、ほぼ間違いなしと見なされている。情報が固まり始めたせいか、ITメディア同様、関連メーカーの動きも活発になってきている。 ・最新...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
新作iPhoneの公式発表を、目前に控えた今夏。この段階で、いわゆる低予算バージョンの発売は、ほぼ間違いなしと見なされている。情報が固まり始めたせいか、ITメディア同様、関連メーカーの動きも活発になってきている。

・最新のレンダリングからデザインを想像


携帯電話のアクセサリーショップGHOSTEKは、“廉価版”iPhone Xのケースを想定した、本体のレンダリングを公開。この図を見る限り、現行のiPhone Xと同じく、本体はベゼルレスデザインの模様。これは、Face IDがそのまま引き継がれることを示している。カメラは、単一のリアカメラ。iPhone 8 Plusのような、デュアルカメラを期待していた人は、残念に思うかもしれない。

肝心のサイズは、アップル社の最終回路図を元に想定可能。おそらく、現行品よりわずかに大きくなるだろう。これは、ディスプレイのサイズアップ分と思われる。

・秋まで待てない!?


最近では、9to5Macが同じ低予算版のiPhone Xを想定した、ダミーモデルの動画を公開。このときのサイズも、現行iPhone Xよりわずかに大きかった、と記憶している。

回路図も参照にしているので、GHOSTEKバージョンのほうが、さらに信頼性が高いと思われるが、いずれも想像の域を超えない。アップル社の予定が例年どおりであれば、正式発表まであと3か月ほど。うわさや想像に振り回されつつ、待つしかない。

souce by Forbes.com
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

注目の記事

WHAT'S NEW

最新情報