海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 時速161キロで飛行する配達ドローン「ATLIS」、プロトタイプ開発中

Tech

時速161キロで飛行する配達ドローン「ATLIS」、プロトタイプ開発中

Amazonの取り組みで注目を集めるようになったドローンによる荷物配達。小売業者や配送業者が近年力を入れるようになり、「ドローン物流」という言葉も出てきた。 そして今、米国フロリダの企業が開発中なのが、なんと時速161キ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Amazonの取り組みで注目を集めるようになったドローンによる荷物配達。小売業者や配送業者が近年力を入れるようになり、「ドローン物流」という言葉も出てきた。

そして今、米国フロリダの企業が開発中なのが、なんと時速161キロで飛行できる配達ドローン。2地点間を自動飛行できる。

・垂直に離発着


ドローンの名称は「ATLIS」。垂直に離発着できるVTOLJで、8つの電動ローターを搭載している。

全プロペラを同時に動かすことで上昇し、動かすプロペラの数や場所を調整して減速したり回転したりできる仕組みとなっている。

・航続距離160キロ!


ローターのアームは折り畳み可能なので、容易に持ち運びできるのもATLISのポイント。しかも航続距離は約160キロ。これだけ飛べると配達であればかなりの数をこなせ、あるいは長距離配達も可能だ。

また、ペイロード約180キロに対応できるようで、これは従来の配達ドローンに比べるとかなりの容量となり、大型荷物の配達に使えそう。

開発元のAergilityは「まずは配達での使用を想定している。ゆくゆくは航空測量や災害時の現場調査、農薬散布、空撮などにも利用できるようになる」としている。

これまで、実物の4分の1サイズのプロトタイプで試験を重ねてきたが、今年は実物サイズの製造に取りかかるとのことで、実用化はそう遠くはなさそうだ。

Aergility
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

注目の記事

WHAT'S NEW

最新情報