海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise 写真で探すキャンプ場検索サイト「ExCAMP」は“キャンプ版Airbnb”を目指す!遊休地オーナーの募集開始

Enterprise

写真で探すキャンプ場検索サイト「ExCAMP」は“キャンプ版Airbnb”を目指す!遊休地オーナーの募集開始

夏になると外へ出かけたくなる! アウトドアの季節がやってきた。そんなアウトドア好きに紹介したいのが、写真で探すキャンプ場検索サイト「ExCAMP」だ。 サイトでは、全国のキャンプ場ユーザーからの投稿写真2000枚以上を掲...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
夏になると外へ出かけたくなる! アウトドアの季節がやってきた。そんなアウトドア好きに紹介したいのが、写真で探すキャンプ場検索サイト「ExCAMP」だ。

サイトでは、全国のキャンプ場ユーザーからの投稿写真2000枚以上を掲載しており、その中から自分にあったキャンプ場を簡単に探すことができる。

写真はリアルな生の情報で大変参考になるが、そのキャンプ場がペットOKか、 川遊びなどのアクティビティができるか、綺麗な星空を鑑賞できるかといった、現地体験ならではの情報も掲載されているのが大きな魅力。

キャンプ場を探しているユーザーは、自分の好みやスタイルに合ったキャンプ場を簡単に検索できる。今までに行ったキャンプ場、これから行きたいキャンプ場をストックして記録しておくことも可能だ。

・遊休地をキャンプ場として収益化


このサイトを運営しているのは、筑波大学発スタートアップのforent。forentはこのたび、さらにサービスの拡充を目指し、遊休地のキャンプ場を予約できるようにするため、全国の遊休地の募集を開始した。

日本は緑豊かな国土ではあるものの、利用されず放置された遊休地は年々増加しており、遊休地の有効活用は社会問題にもなっている。同社では、遊休地をキャンプ場として活用しようと考え、キャンパーと、遊休地を一時的にキャンプ場として貸し出したいオーナーとをつなぎ、土地を有効活用しようという試みに取り組んでいる。これにより、オーナーはただ遊ばせているだけだった土地を収益化することができるようになる。

・高まるキャンプ場へニーズに応える


現在、日本のキャンパー人口は増えており、年間830万人がキャンプを楽しんでいるという。一方で、予約が取れなかったり、人が多すぎて混雑しすぎたり、周りの騒音がうるさいなど、満足のいくキャンプ体験ができないという問題もある。そういった高まるキャンパーのニーズに応えるべく、自然豊かな遊休地を活用したい狙いだ。

また、土地の相続に関して、煩雑な手続き、管理の手間や費用を嫌った相続放棄などにより、所有者不明の遊休地が増加している国内の現状に対し、土地を有効活用する手法のひとつとして、地方創生の助けとなるのでは、と同社では期待を寄せている。

アウトドア熟練者も初心者も、この夏キャンプに出かけたい人は、ぜひこのようなサービスを利用してみてほしい。

ExCAMP
オーナー向けページ
forent株式会社
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報