海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech Segwayにローラースケートタイプ!「Drift W1」は小回りが利いて持ち運びに便利そう

Tech

Segwayにローラースケートタイプ!「Drift W1」は小回りが利いて持ち運びに便利そう

バランスを駆動力に変える一輪車やキックスクーター、ホバーボードなど、ユニークなラインナップを展開してきたSegwayに新しいカテゴリーが加わるようだ。 「e-Skates」と名付けられた同カテゴリーは、インラインスケート...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
バランスを駆動力に変える一輪車やキックスクーター、ホバーボードなど、ユニークなラインナップを展開してきたSegwayに新しいカテゴリーが加わるようだ。

「e-Skates」と名付けられた同カテゴリーは、インラインスケートやローラースケートといった世界のトレンドを捉えて生まれたもの。

「e-Skates」からの最初のプロダクト「Drift W1」が、9月にドイツで開催のテック系イベント、IFA 2018でお目見えする予定となっている。

・安定したバランス維持に800以上の特許を活用


すでに「Drift W1」に関するYouTube動画が公開されており、そこにはローラースケート型のSegwayを装着した男女が軽快に街を走り回る姿が見て取れる。

ローラースケートのように自分で加速をつけるのではなく、姿勢を維持していればそのまま体が運ばれていく。

左右が分割されているぶんホバーボードよりも小回りがきくようで、「Drift W1」に乗った男女は手をつないでグルグル回転したりもしている。

電動スケボーなどでよく採用されているようなリモートコントローラーは見当たらず、従来のSegway同様、搭乗者の体重のかけ具合を捉えて、止まったりスピードアップしたりの調整をおこなうのだろう。

ちなみに、安定したセルフバランシングを実現するために、800以上の特許が採用されているようだ。

・アメリカと欧州の規格に適合の安全設計


小さくて軽量で、持ち運びやすいのが今までのSegwayにない大きなメリットだろう。屋内にも持っていけるので盗難の心配もない。

太めのタイヤにも工夫が凝らされていて、安定設計に加え、スリップしにくい素材が使われている。

Segwayの安全性を重視する姿勢も受け継がれており、アメリカと欧州の安全規格にも適合しているようだ。

未来のローラースケートの発売時期は未定で、カラーのラインナップは白と黒。いずれにせよ、日本では公道を走れないと予想されるので、体験するにはアミューズメント施設を活用することになるだろう。

参照元:Segway Launches a New Product Category: e-Skates/Segway
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報