海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise 仮想通貨から事業転換のテコテック、セガ・南都銀行などに約4.3億円の第三者割当増資を実施

Enterprise

仮想通貨から事業転換のテコテック、セガ・南都銀行などに約4.3億円の第三者割当増資を実施

近年よく耳にするようになった“仮想通貨”というワード。特に、世間の注目を集めた“ビットコイン”の話題は記憶に新しいかもしれない。 そのビットコインを取り扱っていたのが、テコテックの子会社である「東京ビットコイン取引所」。...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
近年よく耳にするようになった“仮想通貨”というワード。特に、世間の注目を集めた“ビットコイン”の話題は記憶に新しいかもしれない。

そのビットコインを取り扱っていたのが、テコテックの子会社である「東京ビットコイン取引所」。テコテックは2017年に全株式を売却し、「東京ビットコイン取引所」は2018年より「DMM Bitcoin」に商号変更した。

・新スタートのテコテック、セガなどに約4.3億円の増資


新たなスタートを切ることになったテコテックは、このたび約4.3億円の第三者割当増資を実施した。投資対象は、セガ・インタラクティブ、南都銀行、ベンチャーラボインベストメントが共同運営する「ナントCVC投資事業有限責任組合」や、NECキャピタルソリューション等が運営する「価値共創ベンチャー有限責任事業組合」、辻・本郷 ビジネスコンサルティングが参画する「VLI-ブロックチェーン成長企業投資事業組合」、エルテスキャピタルなど。

・仮想通貨取引で培ったフィンテック技術を活用


テコテックでは、これまで積み上げた仮想通貨取引所のノウハウを元
に、“FinTech(フィンテック、金融〈Finance〉と技術〈Technology〉を組合せた造語)”サービスの拡充を目指すという。ブロックチェーン基盤技術、トレーディングシステムの開発、株式投資管理サービス「マイトレード(取引の記録や振り返り、各種分析など個人投資家向けのサービス)」の運営などに力を入れていく。

今回の増資によって、金融テクノロジーの総合的なサービスの提供を目指していく方針だ。それぞれ業種が異なる企業の垣根を越えて展開するサービスが拡充されれば、私たちの生活の利便性向上にも関わってくる。今後の展開に期待したい。

株式会社テコテック
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

注目の記事

WHAT'S NEW

最新情報