海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up バイク用ナビデバイス「Beeline Moto」はシンプルで実用的!

Start Up

バイク用ナビデバイス「Beeline Moto」はシンプルで実用的!

バイクに乗る人にとって、よく道を知らない土地でのツーリングの悩みのタネはルートの確認ではないだろうか。両手が塞がるバイクでは、運転しながらスマホを取り出してマップアプリで確認するわけにはいかない。 そこで、開発されたのが...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
バイクに乗る人にとって、よく道を知らない土地でのツーリングの悩みのタネはルートの確認ではないだろうか。両手が塞がるバイクでは、運転しながらスマホを取り出してマップアプリで確認するわけにはいかない。

そこで、開発されたのが「Beeline Moto」。ハンドル付近に取り付ける小型のナビデバイスで、方角と距離を示して目的地へと導いてくれる。

・直径5センチ


ロンドン拠点のスタートアップが3年前に自転車用のナビデバイス「Beeline」を開発したところ人気を集め、「バイク用も是非」との要望を受けて今回Motoが登場した。

Motoは直径51.3ミリ、厚さ20.8ミリとコンパクトなデザイン。スマホと連携させ、アプリ(iOS、Android)で目的地を選んでルートを選択すると、その情報に従ってディスプレイに方角や距離を表示する。

たとえば、十字路に差し掛かった時、直進なのか、それとも右折/左折するのかはMotoで一目瞭然なので、バイクを停めて地図を確認しなくてもいいわけだ。

・時刻やスピード表示も


また、Motoは加速度計やジャイロスコープも内蔵。ナビを必要としないとき、Motoを時計やスピード計として使うことも可能となっている。

ライダー用のナビはGarminなども展開しているが、Motoはコンパクトでシンプルなぶん、バッテリーの持ちがいい。GarminのRider 595が4時間駆動となっているところ、Motoは30時間もつ。

また、マップ情報も世界を網羅しているので、どこへ行こうとも利用できるのも強みだ。

Motoは現在クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達中。今なら129ドル(約1万4000円)〜となっている。すでに目標額は達成していて、7月26日まで出資を受け付けたのち、来年2月に発送が始まる見込みだ。日本への送料は16ドル(約1800円)となっている。

Beeline Moto/Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

注目の記事

WHAT'S NEW

最新情報