海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech フィルム一眼レフカメラをインスタントカメラに!アナログ写真の魅力を再発見する「Instant Magny 35」

Tech

フィルム一眼レフカメラをインスタントカメラに!アナログ写真の魅力を再発見する「Instant Magny 35」

今も根強い人気のフィルムカメラ。それをデジタルカメラとして利用する外付けデバイスは、すでに存在する。センサー付きの背面カバーをフィルムカメラに取り付ける、という設計のものだ。 この記事で紹介するのは、フィルムカメラをイン...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
今も根強い人気のフィルムカメラ。それをデジタルカメラとして利用する外付けデバイスは、すでに存在する。センサー付きの背面カバーをフィルムカメラに取り付ける、という設計のものだ。

この記事で紹介するのは、フィルムカメラをインスタントカメラとして使うための製品「Instant Magny 35」である。富士フィルムの「チェキ」のような感じで古いフィルムカメラを楽しもう、というコンセプトだ。

・伝説の名機をインスタントカメラに


Instant Magny 35は、既存のフィルムカメラに取り付ける製品である。改造の必要は一切なく、要は互換の背面カバーをそのままはめ込むのだ。

スタンド兼用のような設計だが、このスタンドの中でレンズから取り込んだ光を屈折させ、インスタントフィルムに当てるという仕組みのようだ。使用フィルムは富士フィルム製「Instax Square instant film」。

Instant Magny 35は、5メーカーに対応する。Canon、PENTAX、Nikon、Olympus、そしてライカ。それぞれのメーカー規格に合わせた5種類のラインナップを用意している、ということだ。

特にライカM3が対応機種のリストに入っているのは驚きだ。「伝説の名機」として知られ、中古市場でも極めて人気の高いライカM3がインスタントカメラになるのだ。だが先述の通り、Instant Magny 35の設置は「改造」ではない。従って、高価なカメラの本体を作り変えてしまうということはない。あくまでも互換部品を設置するだけだ。

・膨らむ期待


既存のフィルムカメラでインスタント写真を撮ったら、それはどんな画になるのか。正直、想像がつきかねる。同時に、期待も膨らむ。「ライカM3のインスタント写真」を、ぜひ一度この目で見てみたい。

Instant Magny 35は、クラウドファンディング「Kickstarter」で778香港ドル(約1万900円)からの出資を受け付けている。

Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報