海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 極小ドローンが登場するかも?! MITが超小型ナビ用チップを開発

Tech

極小ドローンが登場するかも?! MITが超小型ナビ用チップを開発

米国のマサチューセッツ工科大学(MIT)が、わずか20平方ミリメートルのチップの開発に成功した。 ドローンなどの“脳”として活用できるチップで、これまでにない小ささのドローンやロボットの製造に役立てることができそうだ。 ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
米国のマサチューセッツ工科大学(MIT)が、わずか20平方ミリメートルのチップの開発に成功した。

ドローンなどの“脳”として活用できるチップで、これまでにない小ささのドローンやロボットの製造に役立てることができそうだ。

・画像処理は171fps


MITの開発チームは、「Navion」と呼ぶナビ用チップをこれまでも手がけてきたが、今回発表した最新バージョンはわずか20平方ミリメートル。写真を見てもらえばおわかりの通り、硬貨などよりさらに小さい。

このチップにはナビ機能が搭載されるなど、ドローンの核となる。しかも最大で毎秒171フレームのビデオを処理できるという。

・省エネタイプ


加えて、画期的なのが、省電力仕様となっていること。作動するのに24ミリワットしか必要としない。これはエネルギー効率のいいデスクランプの1000分の1の電力にあたる。

省電力であれば作動時間もそれだけ長くなり、今よりも長い時間ドローンを飛ばすことが可能になる。

小さくて、省エネ、映像処理も早いと3拍子そろったこのチップ、今後まずはミニレーシングカーなどに搭載してテストし、その後ドローンに応用することにしている。

昆虫サイズのドローンやミニカー、その他ガジェット類が今後増えてくるかもしれない。

MIT
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報