海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech Volvoの子会社、自動操縦でドックづけするヨットを開発

Tech

Volvoの子会社、自動操縦でドックづけするヨットを開発

自動車の運転で、多くのひとが苦手とすることの一つが縦列駐車や車庫入れだろう。周囲の車や物にぶつけないよう、ハンドルを何回も切り返したりする。特にスペースが狭いとかなり気を使うものだ。 水上でもそれは同じで、ヨットをドック...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
自動車の運転で、多くのひとが苦手とすることの一つが縦列駐車や車庫入れだろう。周囲の車や物にぶつけないよう、ハンドルを何回も切り返したりする。特にスペースが狭いとかなり気を使うものだ。

水上でもそれは同じで、ヨットをドックにつけるのはそれなりの技術が必要とされる。しかしこのほどVolvoの子会社Pentaがお披露目したのは、自動でドックづけを行うヨットだ。

・潮や風の影響を考慮


ヨットハーバーに行くと、ヨットがぎっしりと係留されていることがある。そんなところにヨットを停めるのはかなりのハンドルさばきを要する。しかも陸上と異なり、ヨットは潮や風の影響を受けやすい。

Pentaの新ヨットでは、水の流れや風などの影響を考慮しながら、もちろん周囲の状況も確認しつつ空いているスペースにヨットを安全に停めることができる。

・ハンドル触らず


この新技術を搭載したヨット、スウェーデンのヨーテボリで開催されたVolvoオーシャンレースでデモがお披露目された。

実際に自動操縦でドックづけする様子を収めたビデオが公開されているが、確かに操縦者がハンドルを触ることなくヨットがせまいスペースに滑り込んでいる。

どのようなシステムが搭載されているのか詳細は明らかではないが、車と同様にセンサーやカメラなどを活用していると思われる。そこに、水流や風などを感知して判断する技術も盛り込まれているのだろう。

陸、空、そして水上も自動操縦が当たり前の時代になりつつあるようだ。

Volvo Penta News Release
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

注目の記事

WHAT'S NEW

最新情報