海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech ジャガーのスピードボート「V20E」、水上最速の時速142キロを達成

Tech

ジャガーのスピードボート「V20E」、水上最速の時速142キロを達成

あまり知られていないが、英国の高級車メーカージャガーはスピードボートも開発している。 その同社が手がけたバッテリー駆動スピードボート「V20E」がこのほど、時速88.62マイル(約142キロ)を達成し、10年前に記録され...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
あまり知られていないが、英国の高級車メーカージャガーはスピードボートも開発している。

その同社が手がけたバッテリー駆動スピードボート「V20E」がこのほど、時速88.62マイル(約142キロ)を達成し、10年前に記録された水上最速スピード時速76.8マイル(124キロ)を塗り替えた。

・フォーミュラEの技術


滑走は英国カンブリアにあるコニストン・ウォーターという湖で行われ、12.8キロの距離を走った。

この小型スピードボートは、ジャガーのレース専門家とウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリングが協力して設計。ウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリングといえば、そうジャガーの電動レーシングカー、フォーミュラEに搭載されているバッテリーを設計している会社だ。

つまり、V20EにもフォーミュラEのテクノロジーが活用されていることになる。

・飛ぶように駆ける


V20Eではモーターやコントローラーなどどういったものを使ったのか詳細は明らかではない。しかし、“水上を走るレーシングカー”として相当のテクノロジーが積み込まれたようだ。

ウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリングがツイッターで公開した映像を見ると、さすがに速い。湖の水面を、飛ぶような勢いで駆けている。

デザインももちろん流線型で美しく、優雅ささえ醸し出している。そして滑走が終わったら、もちろんシャンパンファイト。ほぼF1のノリだ。

もしかしたら“電動ボートF1レース”というのが今後出てくるのかもしれない?

Williams Advanced Engineering/Twitter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報