海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Marketing 患者、医者、薬剤師を結ぶ「ZappRx」 処方箋代もオンライン支払い可能

Marketing

患者、医者、薬剤師を結ぶ「ZappRx」 処方箋代もオンライン支払い可能

病気や怪我で医療機関を利用するとき、診察や薬の処方待ちで、思った以上に時間がかかることも多い。近年、人口における高齢者の割合が増加し、医療に関わる経費が膨らんでいることが社会問題として取り上げられているが、これからますま...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ZappRx病気や怪我で医療機関を利用するとき、診察や薬の処方待ちで、思った以上に時間がかかることも多い。近年、人口における高齢者の割合が増加し、医療に関わる経費が膨らんでいることが社会問題として取り上げられているが、これからますます待ち時間が長くなっていくかもしれない。

世の中ではIT化が進んでいるにも関わらず、処方薬の受け取り手続きは、昔ながらの方法のままであることに注目し、開発されたのが「ZappRx」というアプリケーションである。「ZappRx」は、患者と医者、薬剤師を結びつけるプラットフォーム。医者はアプリを通じて、患者のデジタル処方箋を書くことができ、患者はその処方箋の費用をオンライン上で支払うことが可能になる。また、薬剤師も同じようにデジタル情報にアクセスでき、患者の加入保険の状況を閲覧したり、デジタル処方箋の情報を見て、薬を処方することができる。

このシステムによって、薬剤師は患者を待たせた中、調合に追われることもなくなるため、しっかりと処方箋内容の確認をして、正確に薬を処方できるようになり、患者としては、病院や薬局で必要以上に待たされることもなく、全体のやり取りが非常にスムーズにスピーディになる。

現在のところ、「ZappRx」は100万ドルの投資資金を受け、New Yorkにあるいくつかの病院で試験運用されているが、今後はより大きな医療機関などに拡大させていく意向だという。

ZappRx
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報