海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech スタートレックのトライコーダー!? レーザーで卒中と皮膚がんを診断するデバイス開発中

Tech

スタートレックのトライコーダー!? レーザーで卒中と皮膚がんを診断するデバイス開発中

映画スタートレックに出てくる「トライコーダー」はプローブをあてるだけでその人の健康状態がわかるという、医療機器の理想の形だ。 それに近い医療デバイスが英アストン大学で開発中だ。なんとレーザーで卒中と皮膚がんを診断できると...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
映画スタートレックに出てくる「トライコーダー」はプローブをあてるだけでその人の健康状態がわかるという、医療機器の理想の形だ。

それに近い医療デバイスが英アストン大学で開発中だ。なんとレーザーで卒中と皮膚がんを診断できるというもの。針などを使わないので全く痛みを伴わず、しかも検査はものの数分で終わる。

・血中酸素濃度などを測定


このデバイスでは検査に3種のレーザーを使う。血液がどれくらい効率的に組織に届けられているか、そして血中の酸素濃度や細胞の代謝などを測定する。

そのデータをコンピューターで処理し、卒中と皮膚がんを診断する。レーザーをあてられても患者は痛みをまったく感じず、数分で終わるので肉体的負担が少ないのがメリットだ。

・ポータブルタイプも開発中


このデバイスはまだプロトタイプながら、すでにダンディー市の病院でトライアル使用され、卒中と皮膚がんの診断に有効であることが確認された。

また、現在はこのデバイスはデスクトップコンピューターをベースとしているが、ポータブルタイプも開発中とのこと。こちらは、例えばスポーツ選手が手首につけるようなものになるという。

痛みを伴わず、しかもすぐに結果がわかるとなれば、検査の敷居がぐっと下がる。結果として予防医学にも大きく貢献することになりそうだ。

アストン大学
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報