海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile アフリカの野生動物をウォッチできるアプリ「Instant Wild」、保護活動にも一役

Mobile

アフリカの野生動物をウォッチできるアプリ「Instant Wild」、保護活動にも一役

多くの野生動物が住むアフリカ。広大な土地に悠々といる風景を想像するが、実際は密猟者などの存在で絶滅の危機に陥っている種も少なくない。そうした野生動物を守ろうと、保護活動をすすめている団体が、一般市民も“監視員”として参加...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instant Wild多くの野生動物が住むアフリカ。広大な土地に悠々といる風景を想像するが、実際は密猟者などの存在で絶滅の危機に陥っている種も少なくない。そうした野生動物を守ろうと、保護活動をすすめている団体が、一般市民も“監視員”として参加できるアプリ「Instant Wild」をリリースした。アプリユーザーは現地に設置されたカメラがとらえた動物の画像を見ることができ、さらには個体をデータと照らし合わせて識別するなどして保護活動に貢献できる。

動物が姿を現しそうな水飲み場などにカメラが設置され、動きがあったら夜間でも赤外線のフラッシュを使って撮影が始まる仕組みになっている。最近では1日30枚ほどの写真が撮影されていて、画像は衛星を通じてすぐにネットワークに流れるのでユーザーは“ライブ”の画像をみることができる。しかも野生動物の姿をただ見るだけではなく、プラットフォームに用意されたField Guideで写真の動物を特定して報告することで、保護活動に協力できる。写真とデータと照らし合わせるという監視員の労力を減らせるというわけだ。

アフリカでの野生動物の密猟は深刻な問題で、例えばサイは角を狙う密猟者によって11時間に1頭というスピードで殺されているという。こうした密猟を防ごうと、乗り物の音を識別したり銃声のあった場所を特定したりする機能を追加したカメラも開発中という。

このアプリは、Googleや英国ケンブリッジ公爵結婚記念チャリティー基金などから資金を得て、ロンドン動物学会が運営している。すでにスリランカなどでもこのシステムは運用されていて、将来的にはインドネシアや南極でも動物保護のために導入したいという。

Instant Wild
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報