海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech マイクロソフト、スコットランド沖の海中にデータセンターを設置

Tech

マイクロソフト、スコットランド沖の海中にデータセンターを設置

マイクロソフトは、これまでにないデータセンターを英スコットランドに設置した。なんと、設置場所は水深36メートルの海の中。 サーバーは冷却する必要があるが、陸上より温度が低い海中だとそのエネルギーを節約できるというメリット...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
マイクロソフトは、これまでにないデータセンターを英スコットランドに設置した。なんと、設置場所は水深36メートルの海の中。

サーバーは冷却する必要があるが、陸上より温度が低い海中だとそのエネルギーを節約できるというメリットがある。しかも、データ送信に必要なエネルギーは、風力や太陽光などで賄われるという。

・メンテなしで5年間


スコットランド北部に位置するオークニー諸島の沖合に設置されたデータセンターの名称は「Northern Isles」。長さ12メートルもあるシリンダー状のデザインだ。

この中に、864基ものサーバーが並び、光ファイバーケーブルで世界とつながっている。海中だと容易に中を確かめることはできないが、メンテナンスなしで5年間時稼働するという。

・2015年から試験


データセンターは世界のあちこちに設置され、それらに共通する問題は冷却にかなりのコストがかかること。そのため、北極圏やノルウェイのフィヨルドなどに設置する取り組みもあるほどだ。

マイクロソフトも、この問題に対処しようとデータセンターを海中に設置するプロジェクト「Natick」を進めてきた。第一段階として2015年に長さ3メートルのプロトタイプをカリフォルニア沖に105日間沈めてコンセプトを実証し、今回のNorthern Islesに至っている。

・稼働効率などをモニター


新たな試みだけに、当分Northern Islesは監視下におかれる。少なくとも向こう1年はパフォーマンスやエネルギーの消費量、データセンター内の温度や湿度などをモニターするとのこと。

デジタル社会が進み、データセンターの需要は増すばかりだが、Northern Islesで有用性が実証されれば追随する動きも出てきそうだ。

Microsoft
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報