海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 最大通信距離120m!アクションスポーツのためのワイヤレスイヤホン「Murel Venom」

Tech

最大通信距離120m!アクションスポーツのためのワイヤレスイヤホン「Murel Venom」

現在、Bluetooth接続のワイヤレスイヤホンは多数開発されている。クラウドファンディングにも様々な製品が出展されている。 その中で「Murel Venom」は、最大通信距離に力点を置いた製品だ。従来の製品を何倍も上回...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
現在、Bluetooth接続のワイヤレスイヤホンは多数開発されている。クラウドファンディングにも様々な製品が出展されている。

その中で「Murel Venom」は、最大通信距離に力点を置いた製品だ。従来の製品を何倍も上回る距離での接続を可能にするという。こうした設計上の工夫は、どのような利便性をもたらすのだろうか。

・120m先からの接続を維持


ワイヤレスイヤホンは、本体と接続先のデバイスが離れれば通信状態も悪くなる。30mほど離れれば、完全に聞こえなくなってしまう。

Murel Venomの場合、最大通信距離は400フィート。アメリカの企業だからヤード・ポンド法表記だが、メートル法に直すと約121mだ。接続先のスマホが120m先にあったとしても音楽を聴くことができる、というわけだ。

この性能を求めているのは、アスリートである。PR動画では、室内のジムやスケートパークなどでの使用例を紹介している。スケートパークの脇にあるベンチにスマホを置きつつ、スケートボードでフィールドを疾走する。もちろん、使用者の耳にあるMurel Venomとスマホとの間にはそれなりの距離が空く。だが音楽が中断されることはない。

ジムでのフィットネスの際も、やはりスマホは常備できない。だからこそ、リーチの長いワイヤレスイヤホンが求められるというわけだ。

・激しいアクションに耐える


PR動画の中では、使用者がかなり激しい動きをしている。それでもMurel Venomが耳から脱落することはない。アクションに強い設計のイヤホンと言えるだろう。

Murel Venomはクラウドファンディング「Kickstarter」で、45ドル(約5000円・6月7日現在)からの出資を受け付けている。

Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報