海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile メッセージとメール機能を合体させたアプリ「Ping」、今月18日からサービス開始

Mobile

メッセージとメール機能を合体させたアプリ「Ping」、今月18日からサービス開始

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Ping1つのアプリ内でメッセージとメールが管理できるアプリ「Ping」が今月18日からサービスを開始する。アプリ内にメールとメッセージのタブがあり、簡単に行き来できるようになっている。メールもメッセージのスタイルで表示され、メッセージのようにタイムリーにやりとりができるのが狙いだ。人物中心のレイアウトになっているフィードでは、いつ、だれと連絡をとったのかが一目で分かり、また音声・ビデオ通話もできる。

メールはGmail、Yahoo、AOL、iCloudなどメジャーなプロバイダーに対応していて、メッセージスタイルで表示されるので、未読や未返信のメールがたまる一方…という人でもすぐに返信しようという気にさせてくれる。また、画面に表示されている「Camera Roll」「Camera」「Doodle」「web images」などのアイコンをタップすれば写真や落書き、イメージ図などを簡単に添付することができる。

Pingはメッセージアプリ単体としても機能する。操作がシンプルなのも売りのひとつで、複数の人への一斉送信も簡単にできる。またPingユーザー同士なら相手がメッセージをタイプしているときは「typing」と表示されるので、テンポよくやりとりができそうだ。

設立者は「ソーシャルネットワークやメッセージアプリの普及で、短い文章でカジュアルにやりとりをするようになってきている」と指摘し、開発の理由について「メールやメッセージをより“会話的”に楽しんでほしい」と話している。Ping は18日からサービスを開始するが、現在ウェブサイトでサインアップを受け付けている。

Ping
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報