海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech BMW、ワイヤレス電磁誘導充電システムを7月生産開始へ

Tech

BMW、ワイヤレス電磁誘導充電システムを7月生産開始へ

いつもの場所に車を停めるだけで、自動充電−。BMWは、プラグインハイブリッド車向けのワイヤレス電磁誘導充電システムを7月に生産開始すると発表した。 ドイツでリース車のオプションとして展開され、そのほか日本や英国、米国、中...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
いつもの場所に車を停めるだけで、自動充電−。BMWは、プラグインハイブリッド車向けのワイヤレス電磁誘導充電システムを7月に生産開始すると発表した。

ドイツでリース車のオプションとして展開され、そのほか日本や英国、米国、中国でも利用できるようになる見込みだ。

・3.5時間でフル充電


対象車種は530e iPerformanceモデル。システムは電力を供給するパッド「GroundPad」と、車の下部に取り付けるレシーバー「CarPad」から構成される。

GroundPadの方に付いているケーブルをコンセントにつなぐと、車をそのパッドの上に停めるだけで自動充電されるようになる。パッドの中にコイルが埋め込まれていて、電磁場を介して電流をレシーバーへと流す仕組みだ。

BMWによると、出力は3.2kWで、3.5時間でバッテリーをフル充電できるとのこと。

・屋外での利用も可


パッドはあらゆる環境で利用可能。ガレージなどの建物内はもちろん、屋外駐車場への設置も大丈夫だという。人や動物などが載った場合はセンサーがそれを感知し、自動シャットダウンする。

また、車とパッドはWi-Fiで連携し、車をパッドの上に停める時は、車内モニターにラインを映し出して停車位置を表示し、パッド上へとガイドする。

コンセントを繋ぐ必要がなくなれば当然ユーザーの利便性は高まる。他メーカーの追随も予想されそうだ。

BMW
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報