海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up サンフランシスコ、電動キックスクーターのシェアリングサービスを許可制に

Start Up

サンフランシスコ、電動キックスクーターのシェアリングサービスを許可制に

米国サンフランシスコの市営交通当局(SFMTA)はこのほど、電動キックスクーターの試験サービス(1年未満)を展開したい事業者向けに、事業許可の申込書を公開した。 これまで、参入が自由だった電動スクーターシェアリングサービ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
米国サンフランシスコの市営交通当局(SFMTA)はこのほど、電動キックスクーターの試験サービス(1年未満)を展開したい事業者向けに、事業許可の申込書を公開した。

これまで、参入が自由だった電動スクーターシェアリングサービスだが、事実上の許可制となる。この法律は6月4日に施行される。

・トラブル続出


許可制に踏み切った背景には、最近の電動キックスクーターによる“カオス”があるようだ。ドックレスのサービスが多く、そのためシェアリング用のキックスクーターが街のあちこちに放置され、交通の妨げになるなど問題となっている。

そうした事態に歯止めをかけようというのが今回の取り組み。申請には5000ドル(約55万円)の申込金が必要で、そのほかに毎年2万5000ドル(約274万円)払わなければならない。加えて、メンテナンス基金に1万ドル(約110万円)拠出する必要もある。

このメンテナンス基金は公共財へのダメージ修復などに充てられる。つまり裏を返せば、すでに現状でダメージなどのトラブルが発生していることになる。

・違反事業者には罰金も


すでにサービスを展開してきた事業者も6月4日までに全スクーターを回収し、そして6月7日までに申請書を提出する必要がある。

仮に申請しないまま展開した場合は、スクーター1台あたり100ドル(約1万1000円)の罰金が科せられる。もちろん、許可がおりる可能性も消える。

この許可制への移行で、サンフランシスコでは一時的に電動キックスクーターが街から消える。スクーター愛用者は不便を被るわけだが、街や社会と“共存”するには必要な措置ということなのだろう。

SFMTA
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報