海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech Uber、空飛ぶタクシー事業Elevate専用の開発ラボをパリに設置

Tech

Uber、空飛ぶタクシー事業Elevate専用の開発ラボをパリに設置

配車サービスを展開するUberはいま、空飛ぶタクシー事業という野心的なプロジェクトを進めている。その技術開発を行うラボをフランス・パリに設置すると発表した。 今後5年間に、AIアルゴリズムや航空交通コントロールといった分...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
配車サービスを展開するUberはいま、空飛ぶタクシー事業という野心的なプロジェクトを進めている。その技術開発を行うラボをフランス・パリに設置すると発表した。

今後5年間に、AIアルゴリズムや航空交通コントロールといった分野の開発に2000万ユーロ(約26億円)を投じる見込みだ。

・今秋オープン


2016年に始まった同社の空飛ぶタクシー開発事業Elevate専用のこのラボの名称は「ATCP(Advanced Technologies Center in Paris)」。今後、エンジニアやAIスペシャリスト、コンピュータービジョン研究者らを採用し、今秋にもオープンさせる予定だ。

Uberが描く空飛ぶタクシー事業は、ユーザーがスマホで乗車を予約し、客を乗せるタクシーは自動運転というもの。

機体の開発も重要だが、しかしそれを飛ばすには、機械学習や航空交通管理アルゴリズムをフル活用したスキームの構築が欠かせない。そこを担うのがATCPとなる。

・研究機関と提携も


Uberはまた、理工系研究機関として名高いパリのエコール・ポリテクニークと5年間のパートナーシップを結んだことも発表した。

ATCPと共同で、機械学習をベースとした交通需要のモデリングや、低高度航空交通マネジメントのシミュレーションなどを行う。

Uberは2020年までにデモンストレーションフライトを行う計画で、ATCPの開所により空飛ぶタクシー事業がますます現実味を帯びてきそうだ。

Uber
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報