海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 食料の廃棄をなくす「LeftoverSwap」、残った食事の提供・受け取りサービス開始へ

Start Up

食料の廃棄をなくす「LeftoverSwap」、残った食事の提供・受け取りサービス開始へ

たっぷり食べてもまだ食事が余っているという時があるだろう。もう食べられない、でも何日も同じものを食べるのはいやだ、と思いながら、一方で食べ物を捨てるのはもったいないと気持ちを持つ人もいるに違いない。間もなく米国でサービス...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
LeftoverSwapたっぷり食べてもまだ食事が余っているという時があるだろう。もう食べられない、でも何日も同じものを食べるのはいやだ、と思いながら、一方で食べ物を捨てるのはもったいないと気持ちを持つ人もいるに違いない。間もなく米国でサービスが開始されるアプリ「LeftoverSwap」なら、お腹を空かせた人に余った食事を提供することができる。有限な資源や自然を使って産出されている食料の無駄をなくすのが狙いで、まずはiPhoneでサービスを展開する。

使い方はシンプルだ。食事の提供者は、余った食事の写真を撮影して、食事のジャンルや名称とともにアプリにアップする。一方、空腹を抱える人はアプリを立ち上げると、住まいの周辺で食事が提供される場所や内容を地図でチェックできる。そして提供を受けたい場合は、提供者と食事のピックアップの時間などをアレンジする。

LeftoverSwapによると、飽食の昨今、生産される食物の40%が廃棄されているという。また、米国人の70%が体重過多である一方、16%が栄養のある食事を満足に摂れていないというデータもある。LeftoverSwapは、「誰かの食べ過ぎを防ぎながら、別の誰かの空腹を満たし、結果として食料の無駄がなくなるというwin-winのサービス」としている。

LeftoverSwap
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

注目の記事

WHAT'S NEW

最新情報