海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech テスラ、次世代の高速充電ステーションを今夏にも設置開始へ

Tech

テスラ、次世代の高速充電ステーションを今夏にも設置開始へ

電気自動車(EV)の開発は、充電ステーションとセットになっているといっても過言ではないだろう。手軽に充電できなければ利便性が確保されず、結果としてEVのメリットを市民にアピールできないからだ。 そこで、自動車メーカーは充...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
電気自動車(EV)の開発は、充電ステーションとセットになっているといっても過言ではないだろう。手軽に充電できなければ利便性が確保されず、結果としてEVのメリットを市民にアピールできないからだ。

そこで、自動車メーカーは充電技術の開発にも注力しているわけだが、この分野で先を行くEVメーカー、テスラのイーロン・マスクCEOはこのほど、さらに早く充電できる次世代ステーション「スーパーチャージャー V3」を今夏設置する考えを明らかにした。

・200〜2500kW出力に


現在展開しているテスラのスーパーチャージャーの最大出力は120kWほど。昨年の段階でマスク氏は、新スーパーチャージャーの最大出力は350kWになると言及していた。

しかしその後、方針を転換し、結局スーパーチャージャー V3は200〜250kWの出力になる見込みだ。当初より最大出力を抑えているが、それでも現在の規格の倍近くになり、利用者は大きなメリットを享受できる。

・他社も整備拡大


充電ステーションの性能向上や設置をめぐっては、他社も拡充に努めている。たとえば、BMWやダイムラーが合弁で設立したIONITYは、出力350 kWまで対応するEV充電ステーションを欧州で展開中だ。

またフォルクスワーゲンの子会社も、最大出力150~350kWのステーションの整備を米国で進めている。

現在、高速充電に対応していないEVが多いが、今後は高速充電の機能が標準装備となってくることが予想される。

Elon Musk/Twitter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報