海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 日本発!独りジャムセッションを可能にするロボット「Cabot」はいい感じにカホンを演奏してくれる

Start Up

日本発!独りジャムセッションを可能にするロボット「Cabot」はいい感じにカホンを演奏してくれる

ギターや吹奏楽器をたしなむ者にとっては、セッション相手がいないことが悩みの種。特にリズム系の生演奏が欲しいことも多いのではないか。 今まで、生音の替わりに打ち込みのリズムパターンを使ったり、録音素材を流して我慢していた方...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ギターや吹奏楽器をたしなむ者にとっては、セッション相手がいないことが悩みの種。特にリズム系の生演奏が欲しいことも多いのではないか。

今まで、生音の替わりに打ち込みのリズムパターンを使ったり、録音素材を流して我慢していた方には朗報。さまざまなパターンでカホンを演奏してくれるロボットが登場した。

「Cabot」があれば、たとえプレイヤーが1人でも生カホンとのジャムセッションが楽しめる。京都発のスタートアップ、UTSUWAが開発する「Cabot」について紹介していく。

・3本の腕で多様なリズムを打ち出す


「Cabot」はカホンに取り付れば、事前に作成されたリズムを演奏してくれるロボットだ。さまざまなジャンルに適したリズムを奏でられる人気楽器、カホン。演奏のポテンシャルは高い。

ギターはもちろんピアノやサックス、バイオリンやラップなどとジャムセッションできて、ライブに「Cabot」を連れて行けば質の高いプレイを披露できるだろう。

ぼんやりと光を放ちながら3本のアームで演奏するさまは、オーディエンスの目を引くことも間違いない。

・ほかのユーザーが作成したリズムパターンも利用可能


演奏してほしいリズムパターンは、iOSアプリやシーケンスソフトを使って自分で打ち込むか、プリセットされたものを使う。さらには、ほかのユーザーが作成したものもクラウドからダウンロードできるので、ネタに尽きない。

リズムの切り替えにはフットスイッチが使え、PCとつなげれば既存のシーケンスソフトなどからの制御も可能だ。

「Cabot」なら、3本のアームを駆使して実際には演奏できないような超絶技巧をこらした演奏も可能だろう。

「Cabot」は現在Kickstarterで支援を受け付けていて、フットスイッチも含めた支援額が8万3160円から。目標金額に到達すれば来年3月に発送される予定となっている。

Cabot/Kickstarter
Cabot
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

注目の記事

WHAT'S NEW

最新情報