海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech Xiaomi、内蔵チップで運動量を測定できるシューズ「Antelope」を発売

Tech

Xiaomi、内蔵チップで運動量を測定できるシューズ「Antelope」を発売

中国の総合家電メーカーXiaomiは、ウエアラブルデバイスメーカーのAmazfitと共同で、フィットネストラッカー機能を搭載した運動用シューズ「Antelope」を発表した。 専用のデバイスを手首などにつけなくても、シュ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
中国の総合家電メーカーXiaomiは、ウエアラブルデバイスメーカーのAmazfitと共同で、フィットネストラッカー機能を搭載した運動用シューズ「Antelope」を発表した。

専用のデバイスを手首などにつけなくても、シューズで意識せずに運動量などを計測できる。

・中にデジタルチップ


フィットネストラッカーというと、腕時計のように手首に装着するタイプが主流。ハンズフリーではあるが、いっそのこと一切装着しなくて済むものを、という視点で開発されたのがAntelopeだ。

見かけは普通のトレーニングシューズながら、シューズの中に運動量を測定するデジタルチップが埋め込まれている。測定できるのは歩数や燃焼カロリーなど。ストロークの分析もする。

・中国マーケットで展開


また、Antelopeは快適な履き心地になるよう、ゴム素材のクッションで足への衝撃を吸収し、ソールに通気性のいい素材を採用している。

複数のデザインが用意され、男性用に4色、女性用には3色が展開される。

残念ながらこのシューズ、当面は中国市場でのみの展開のよう。現在、クラウドファンディングプラットフォームYoupinで199人民元(約3400円)となっている。

最近、スポーツ用品メーカーはテック機能を持たせた商品を開発する傾向にあり、Antelopeはスマートシューズ分野で先駆けとなるのかもしれない。

Xiaomi/Twitter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報