海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech BMW やダイムラーの合弁ベンチャーIONITY、初の充電ステーションをドイツに設置

Tech

BMW やダイムラーの合弁ベンチャーIONITY、初の充電ステーションをドイツに設置

BMW、ダイムラー、フォード、フォルクスワーゲンの4社によるジョイントベンチャー「IONITY」の初の電気自動車(EV)急速充電ステーションがドイツ・ニーダーツィセンにお目見えした。 同ベンチャーは電気自動車の利便性向上...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
BMW、ダイムラー、フォード、フォルクスワーゲンの4社によるジョイントベンチャー「IONITY」の初の電気自動車(EV)急速充電ステーションがドイツ・ニーダーツィセンにお目見えした。

同ベンチャーは電気自動車の利便性向上と普及促進を目的に、2020年までに欧州に充電ステーション400カ所を設置する計画で、今回はその1カ所目となる。

・5月末まで無料


設置を記念して、同ステーションの利用料は5月末まで無料となり、電気自動車のオーナーは誰でも利用できる。

ステーションの最大出力は350キロワット。この出力でいけばフル充電には平均5~8分ほどしかかからず、ガソリンスタンドで給油するような感覚で利用できる。

ただし、現在走る電気自動車のほとんどが50キロワットまでの対応で、今後改良されればステーションを最大限活用できることになる。

・19カ国を網羅


IONITYは今年、100カ所の整備を予定している。そして来年も設置を進め、2020年までには400カ所に広げたい考えだ。

今年2月に同社が公開した設置予定地の地図をみると、北はノルウェイの北部、南はスペインやイタリアまで欧州19カ国を網羅する。

自宅から遠く離れても、国境をまたいでドライブしても充電ステーションを確実に見つけられ、そして急速充電できるとなれば、安心して電気自動車に乗れる。

日本でもメーカー同士が手を取り合って整備していく動きが出てくれば、電気自動車がより身近な乗り物になるのかもしれない。

IONITY
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報