海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 世界初! 自律航行船舶の専門会社「Massterly」、間もなくノルウェイに誕生

Tech

世界初! 自律航行船舶の専門会社「Massterly」、間もなくノルウェイに誕生

Techableでは以前、ノルウェイで開発が進められている世界初の電気で自律航行する貨物船「YARA Birkeland」を紹介した。 この貨物船は、肥料メーカーYARAと海洋工業グループのKongsberg Grupp...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Techableでは以前、ノルウェイで開発が進められている世界初の電気で自律航行する貨物船「YARA Birkeland」を紹介した。

この貨物船は、肥料メーカーYARAと海洋工業グループのKongsberg Gruppenの共同開発によるもので、2020年の自律航行開始を目指している。

そしてこのほど、Kongsbergと海運マネジメントのWilhelmsonは、自律航行貨物船のデザインやコントロールシステムの設計、ロジスティックなどを行う専門会社「Massterly」を設立すると発表した。

・リモート航行から完全自動へ


Massterlyは、さしあたってはYARA Birkelandの開発・管理を行う。YARA Birkelandを運用するためにコントロールセンターを陸上に設置し、初めは人が乗り込んで操作し、その後はリモート航行に移行、そして最終的に自律運行となる。

それらを全般的にMassterlyがサポートする。もちろん、ゆくゆくは管理する船舶を増やしていくことを視野に入れている。

・海洋国家が切り開く船の自動化


Massterlyの設立について、WilhelmsonのCEO、Thomas Wilhelmson氏は「ノルウェイは世界きっての海洋国家。自律航行船舶の開発でも世界をリードしたい」と意気込む。

さらには「Massterlyは海運にまつわるあらゆるコストを下げることができる」と自信をみせる。そこには、貨物船の運航だけでなく、港での荷役作業のオートメーション化なども含まれているようだ。

陸上で無人運転車を使ったタクシー輸送システム構築の構想があることを考えれば、海でも「電気化」「自動運転化」が進むのは当然の流れといえそうだ。

Kongsberg
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報