海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile パーキンソン病の重症度をスコア化するアプリ「HopkinsPD」、米大学が開発

Mobile

パーキンソン病の重症度をスコア化するアプリ「HopkinsPD」、米大学が開発

パーキンソン病が疑われるとき、どんな症状がどの程度あるのかをみて、医師は重症度を判断する。 基本的に、患者に質問をしたり、実際に体の動きにみたりするのだが、この判断に指標のようなものはあっても確固とした基準はない。 そこ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
パーキンソン病が疑われるとき、どんな症状がどの程度あるのかをみて、医師は重症度を判断する。

基本的に、患者に質問をしたり、実際に体の動きにみたりするのだが、この判断に指標のようなものはあっても確固とした基準はない。

そこで米国のジョンズホプキンス大学などの合同研究チームが開発したのが、スコアで重症度を示すスマホアプリ「HopkinsPD」。スマホのセンサーなどを活用して、患者の体の様子を客観的に分析する。

・手先の動きや足取りも感知


患者が医師の診察を受けるときに症状が出るとは限らない。また、普段の様子を患者が正確に伝えられないこともある。

そこで、HopkinsPDではスマホのマイク、センサー、スクリーン、加速度計などをフル活用して、症状の度合いを見極める。

たとえば、パーキンソン病では体の震えや、運動量の減少などの症状を伴うことが多い。アプリでは、実際に歩いたりや指先でタップしたりするテストを行い、それらが正確に行えるかどうか、リアクションまでの時間などによりスコア化する。

・Android、iOS端末で利用可


診断の客観性に加え、患者が自宅などでテストできることもメリットだ。医師の診察が及ばない時もこのアプリならウォッチできる。

HopkinsPDはAndroid用アプリで、Parkinson’s Voice Initiativeで入手可能となっている。iOS版は「mPower」としてApp Storeでダウンロードできる。

Johns Hopkins University
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報