海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise Google、有料ストレージサービスの保管データを"自動暗号化”するサービスを開始予定

Enterprise

Google、有料ストレージサービスの保管データを"自動暗号化”するサービスを開始予定

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google-Cloud-Storage-encryption先日、アメリカの元CIA職員が告発したアメリカ国家安全保障局(National Security Agency、NSA)による、電子機器を駆使したスパイ活動の暴露によって、世界中でセキュリティに対する関心が改めて強まることとなった。インターネット関連の世界的企業であるGoogleは、これまでにも世界に先駆けてさまざまなサービスをローンチしてきたが、社会的なニーズを受け、有料のクラウドストレージサービスについて、自動的にデータを暗号化するサービスを開始する予定だ。

Googleでは"128-bit Advanced Encryption Standard(AES-128)”を導入し、自動でデータを保護するシステムを構築。GoogleストレージサービスはUbisoftやDNAnexusのような企業も利用している。ユーザーは、データ変換をおこなう前に、暗号化キーを入手して管理することができる。この自動暗号化サービスは、将来的には無料で利用可能になる見込み。社会情勢に合わせて、いち早い対応をおこなうグーグルの動向からは、これからも目が離せなさそうだ。

Google Cloud Storage encryption
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報