海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 電気自動車業界に新星現る! スタートアップ「SF Motors」がEV2タイプを発表

Start Up

電気自動車業界に新星現る! スタートアップ「SF Motors」がEV2タイプを発表

ニューヨーク・オートショーの開幕を前に、米国サンフランシスコ拠点のスタートアップSF Motorsが、自社開発の電気自動車「SF 5」と「SF 7」を発表した。 LiDARシステムで安全運転をサポートし、わずか3秒たらず...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニューヨーク・オートショーの開幕を前に、米国サンフランシスコ拠点のスタートアップSF Motorsが、自社開発の電気自動車「SF 5」と「SF 7」を発表した。

LiDARシステムで安全運転をサポートし、わずか3秒たらずで時速60マイル(約96キロ)に到達する性能をもつなど、大手メーカーが手がけるものに引けを取らない仕上がりとなっている。

年内にプレオーダーの受け付けを開始し、2019年の発売を見込む。

・中国Sokonの子会社


多くの読者がSF Motorsの名を初めて聞くのではないだろうか。それもそのはず、数年前に設立されたばかりの新会社で、SF 5とSF 7が初の製品となる。

SF Motorsはサンフランシスコに本社を置くものの、実は中国の自動車メーカーSokonの子会社。Sokonは中国ではバンやトラックなどを手がけていて、電気自動車は初となる。

・エンジンは1000馬力!


今回発表されたSF 5は中型サイズのクロスオーバーで、SF 7がフルサイズのクロスオーバー。どちらもエンジン出力は1000馬力とパワフルだ。

航続距離は約500キロメートルで、この数字を伸ばす次世代バッテリーも開発中とのこと。

・自動運転車も視野に


さらに、SF Motorsが視野に入れているのは自動運転技術の搭載だ。深層ニュートラルネットワークをベースとしたコンピュータービジョンやLiDARシステムをフル活用する。

すでにカルフォルニアとミシガン、そして中国でテストを始めているとのことで、2020年までの公道走行を目指すという。

最先端の技術を取り込むために、SF MotorsはTeslaの創業メンバーを幹部に迎えたり、米国のバッテリー開発会社を買収したり着々と進めている。電気自動車/自動運転車の開発競争は今後ますます激しくなりそうだ。

SF Motors
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報