海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 糖尿病患者の足病変をいち早くキャッチするスマートソックス「Siren」

Start Up

糖尿病患者の足病変をいち早くキャッチするスマートソックス「Siren」

世界的に患者が増えている糖尿病。症状はさまざまだが、慢性的になってくると足先にも症状が現れることがある。動脈硬化などで起こる壊疽(えそ)だ。 ひどくなると足を切断しなければならず、そうした事態を避けるには症状をいち早くキ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
世界的に患者が増えている糖尿病。症状はさまざまだが、慢性的になってくると足先にも症状が現れることがある。動脈硬化などで起こる壊疽(えそ)だ。

ひどくなると足を切断しなければならず、そうした事態を避けるには症状をいち早くキャッチすることが重要になる。そこで糖尿病患者が多い米国のスタートアップSirenが開発中なのが足の炎症を検知するスマートソックスだ。

・センサー埋め込みの繊維


このソックスには、Neurofabricと呼ばれる、マイクロセンサーが埋め込まれた繊維が使われている。センサーは人の目では確認できないほどの小ささで、ソックスは洗濯機で洗うこともできるとのこと。

しかし何の変哲のない外観でも、足裏6カ所の熱をモニターし、炎症のサインを感知するとアプリ(iOS、Android)にアラートを送って注意を促すという賢いソックスなのだ。アプリでは、温度の変化など履歴をチェックすることが可能となっている。

・6カ月ごとに取り替え


ソックスは6カ月ごとに新しいものにする必要があるため、定期購読制のスタイルをとる。月額料金19.95ドル(約2100円)を払うとタイミングを見計らって新しいソックスが送られて来る仕組みだ。

サービスは米国限定。米国では毎年10万人ほどが糖尿病により足切断を余儀なくされているとのことで、Sirenはその数を減らすのに貢献してくれそうだ。

Siren
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

注目の記事

WHAT'S NEW

最新情報