海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Marketing ロック画面に広告を表示、1スワイプ1セントの報酬がもらえる広告アプリ「Locket」

Marketing

ロック画面に広告を表示、1スワイプ1セントの報酬がもらえる広告アプリ「Locket」

毎日、一体何回スマートフォンの画面を見ることだろう。ロック機能を活用している人は多いだろうが、1日に何度も何度も見ることになるこの“ロック画面”は、今、広告スペースとして重要視されているようだ。そこに注目したのが、「Lo...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Locket毎日、一体何回スマートフォンの画面を見ることだろう。ロック機能を活用している人は多いだろうが、1日に何度も何度も見ることになるこの“ロック画面”は、今、広告スペースとして重要視されているようだ。そこに注目したのが、「Locket」というスタートアップ。

「Locket」では、ロック画面を広告スペースとして活用し、スマートフォンユーザーが自分のロック画面を“売り出す”ことができるAndroidアプリ。仕組みはこうだ。ユーザーのロック画面には、ブランドのお知らせ、キャンペーン案内、映画予告など、企業の広告が送られてくる。この広告は、ユーザーの位置情報やソーシャルメディアのデータ、これまでの広告閲覧履歴をもとに、ターゲット配信される。

スマートフォンのロック画面を右にスワイプするとロックが解除され、ホーム画面に移動する。また、左にスワイプすると、直接広告の詳細にアクセスできる。このとき、どちらにスワイプしたとしても、ユーザーには0.01ドルの報酬が支払われる。ほんのわずかな金額ではあるものの、通例1日50~100回ほどスマートフォンをチェックすることを考えてみれば、ただ何気なくおこなっていた動作に、収益が伴うというのはありがたいことだろう。ただし、報酬金額は無制限ではなく、“1時間あたり0.03ドルまで”という上限が設けられている。

これらの貯まった金額は換金したり、ギフトカードに交換したり、チャリティ団体に寄付することができる。「Locket」では現在のところ、宅配ピザのDomino's Pizza、百貨店大手のSearsなど、8つのブランドとタイアップしているが、サービス品質が悪いブランドなどとは提携しない方針だという。

Locket
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報