海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 人工歯にセンサーを埋め込み、“食事や歯磨き習慣”を計測するツールが台湾で開発中

Tech

人工歯にセンサーを埋め込み、“食事や歯磨き習慣”を計測するツールが台湾で開発中

お口の健康は、毎日の食事や栄養源の摂取に直結するので、長い人生を健康に過ごすためには、特に重要なテーマだろう。台湾のNational Taiwan Universityの研究機関の1つであるUbiComp Laborat...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Sensor-Embedded-Teethお口の健康は、毎日の食事や栄養源の摂取に直結するので、長い人生を健康に過ごすためには、特に重要なテーマだろう。台湾のNational Taiwan Universityの研究機関の1つであるUbiComp Laboratoryのチームでは、患者の歯の使用状況を計測するツールを開発中だという。

これは、人工の歯の内部に加速度計やBluetooth接続機能などを内蔵した、特殊な小型のチップを埋め込んだもので、人工歯を装着したユーザーの口内の動きを計測する。食事で噛むとき、飲み物を飲むとき、話すとき、咳をするときなどの動きを感知し、どのような動作や活動がおこなわれているのかを測定。Wi-FiやBluetoothを通じて、歯科医に患者の計測データを送信するという仕組みだ。

このデータを有効活用し、歯科医は今後の処置法を考えたり、いつどれくらい歯を磨けばいいのか、患者ごとに異なる食習慣やかみ合わせのクセを見極めながら、的確なアドバイスができるようになりそうだ。現在のところ、未だ開発は初期段階にあり、プロトタイプの開発が完了している状況ではあるものの、開発チームによると検知の正確性は94%を誇っているという。

Sensor-Embedded Teeth
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報