海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 気に入ったワインのボトルラベルをスマホでスキャンして購入できるアプリ「Drync」

Start Up

気に入ったワインのボトルラベルをスマホでスキャンして購入できるアプリ「Drync」

パーティーやバー、あるいは旅先などで飲んだワインが気に入り、家でも飲みたいと思ったことはないだろうか。ワインやワイナリーの名称、製造年などをメモに控えたりしてショップで探すのもいいが、米国でこのほどサービスを始めたiOS...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Dryncパーティーやバー、あるいは旅先などで飲んだワインが気に入り、家でも飲みたいと思ったことはないだろうか。ワインやワイナリーの名称、製造年などをメモに控えたりしてショップで探すのもいいが、米国でこのほどサービスを始めたiOSアプリ「Drync」を使えば、ボトルのラベルをスマートフォンでスキャンするだけですぐに探し出して購入することができる。通常の酒屋やワインショップにはおいていないような“レア”なワインを中心に170万種ものワインを網羅している。

DryncはCEO自身がイタリアのトスカーナ地方を旅していた時に「今飲んでいるこのワインを買って自宅ででも飲みたい」と思ったことがきっかけで開発された。アイデアを3年ほど温め、米国ボストンのワイン博でベータ版をリリースしたところ反応がよかったため今回のアプリ公式リリースとなった。

アプリではボトルのラベルをスキャンすると、データベースと照合してワインの詳細情報を教えてくれる。そしてその場で購入し、自宅まで配送してもらうことができる。スキャンしなくても、産地やブドウの品種などでフィルターをかけて自分好みのワインを検索することもできる。

Dryncはワインを販売する小売業者から一定の手数料をとっており、利用者の増加に伴い収入は毎月40%増となっている。次のステップとして、今後はユーザーのオーダー履歴をもとに「こんなワインも好きかも」とレコメンデーションを送る機能を展開するとしている。

Drync
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報