海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise 東アフリカのソーラー電力供給にマスタ—カードのQR決済サービスが導入へ

Enterprise

東アフリカのソーラー電力供給にマスタ—カードのQR決済サービスが導入へ

マスターカードは、ケニアのソーラープロバイダー「M-KOPA」との提携のもと、QRコードによる決済サービス 「マスターパスQR (MasterPass QR)」を活用し、アフリカ地域において、家庭や企業への太陽光電力の供...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
マスターカードは、ケニアのソーラープロバイダー「M-KOPA」との提携のもと、QRコードによる決済サービス 「マスターパスQR (MasterPass QR)」を活用し、アフリカ地域において、家庭や企業への太陽光電力の供給をサポートする。

・QRコードによる決済サービスで電気料金を支払う


エネルギーは私たちの日々の生活や経済活動に不可欠なものだが、国際エネルギー機関(IEA)によると、今もなお、世界で12億人が、エネルギーを利用できない環境にある。

そこで、ケニアのスタートアップ企業「M-KOPA」は、初期費用を抑える代わりに、1年程度、日々の電気料金を課金することで、ソーラーパネルの設置コストを回収するという収益モデルにより、これまでに、東アフリカの60万世帯以上に電力を届けてきた。

「M-KOPA」では、今後、ユーザーの決済手段として「マスターパスQR」を活用。

ユーザーは、ソーラーパネルに貼付されている「マスターパスQR」のQRコードをスマートフォンで読み込むか、これと連携するマーチャントIDを携帯電話で入力することによって、電気料金を支払う仕組みだ。

・ウガンダで実証テストを実施へ


マスタ—カードと「M-KOPA」では、「M-KOPA」の決済に「マスタ—パスQR」を導入する実証実験をウガンダで行ったのち、東アフリカの他の地域にもこれを拡大していく計画。

また、マスタ—カードでは、今後、発展途上国を対象に、水道やガスなど、他の生活インフラにも、「マスタ—パスQR」を広く展開していきたい方針だ。

Mastercard
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報