海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 太陽光でバッテリー充電できる電動アシスト自転車「Kvaern」が斬新

Start Up

太陽光でバッテリー充電できる電動アシスト自転車「Kvaern」が斬新

電動アシスト自転車は当然のことながら、バッテリーを充電して使う。この充電シーンにソーラーパネルを持ち込んだのが、環境先進国デンマークの自転車スタートアップが開発した「Kvaern」だ。 ソーラーパネル充電キットを携帯すれ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
電動アシスト自転車は当然のことながら、バッテリーを充電して使う。この充電シーンにソーラーパネルを持ち込んだのが、環境先進国デンマークの自転車スタートアップが開発した「Kvaern」だ。

ソーラーパネル充電キットを携帯すれば、コンセントのないところでもバッテリーを充電でき、遠出時も電池切れの不安から解放される。

・フル充電で50キロ走行


Kvaernは交換式バッテリーをフレームの中に収納する、すっきりとしたスポーティなデザイン。

搭載した250Wのモーターがペダル漕ぎをアシストしてくれ、時速0〜25キロメートルの加速もわずか4.5秒とパワフルだ。バッテリーフル充電で50キロメートルの走行が可能とのこと。

・電源ないところでも


Kvaernの最大の特徴が、ソーラーパネルによる充電システムのオプションを用意していること。これにより、電源のないところでの充電が可能になる。

車に自転車を積み込んでのキャンプなどに行く時に重宝しそうだ。もちろん、普通にプラグを差し込んでの充電もできるが、エコ意識の高い人は普段からクリーンエネルギーを活用するというのもありだろう。

また、Kvaernのハンドル部分にはスクリーンも付いていて、そこにスピードやバッテリー残量などが表示される。

Kvaernは間もなくクラウドファンディングサイトIndiegogoに登場する見込み。出資額は自転車本体が999ユーロ(約13万円)、ソーラーパネル充電キットと予備バッテリーのセットが499ユーロ(約6万5000円)となる見込み。

気になる人はサイトでメールを登録しておくと、いち早く案内がもらえるようだ。

Kvaern
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

注目の記事

WHAT'S NEW

最新情報