海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 東大&慶応の研究チームがホタルのように飛び回るミリメートルサイズのLED光源を開発

Tech

東大&慶応の研究チームがホタルのように飛び回るミリメートルサイズのLED光源を開発

空中に浮遊する小さな赤い光。まるで飛び回るホタルのようなこの光は、日本の研究者チームが開発したもの。重さ16.2ミリグラム、直径3.5ミリの極小LED光源で、名前は「Luciola(ルシオラ)」という。 ・世界初の小型電...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
空中に浮遊する小さな赤い光。まるで飛び回るホタルのようなこの光は、日本の研究者チームが開発したもの。重さ16.2ミリグラム、直径3.5ミリの極小LED光源で、名前は「Luciola(ルシオラ)」という。

・世界初の小型電子回路内蔵発光体


ゲンジボタルの学名にちなんで名付けられた「Luciola」は、世界初の空中移動する小型電子回路内蔵発光体だ。超音波の微弱な力で空中に浮きあがり、その位置に応じて、移動や点灯、消灯などの操作を、コンピューターから無線で制御できるようになっている。

開発を手がけたのは、東京大学や慶應義塾大学などから集結した共同研究グループ。これまでユーザーがリアルな体験をする上で妨げとなっていた、「3次元映像に手で触れない」課題に着目。3次元空間を自由に移動し、自ら発光しながら、手で触れるという、3つの条件を備えた極小発光素粒子を生み出すに至った。

従来の超音波集束ビームを使用した小型浮遊物体は、騒音なく高精度に浮遊や移動はできるが、電子回路を持たず、直径数ミリメートル以下の、発泡スチロール球のようなごく軽いものに限られていた。そこで「Luciola」では、無線給電によって電池を不要化。さらに、LED点灯に必要な無線給電用の受信回路を専用IC化することで、電池を用いず、小型・軽量化を実現した。

・さまざまな技術への登用に期待


期待されるのは、手で触れる空中ディスプレイ向けの発行画素への応用。モーション・温度センサーが搭載されているため、人間の存在を感知したり、プロジェクションマッピングイベントで、複数のライトを使ってメッセージを伝えることも可能だという。

現在、5~10年以内の市場投入をめざし、鋭意研究中だとのこと。実用化には、まだまだ時間がかかりそうだが、技術のさらなる前進に期待したい。

souce by futurism.com
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報