海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile iPhoneにつないで、料理の温度を正確に計測する“スマート温度計”「Range」

Mobile

iPhoneにつないで、料理の温度を正確に計測する“スマート温度計”「Range」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Range料理をするとき、大事になってくるのが調理の温度だ。とはいえ、数字が目に見えてわかるわけではないため、これまでの経験による勘や、肉や野菜の焼き色などから適温を判断するしかないが、これがなかなか難しいもの。「Range」は、“スマート温度計”とでもいうべきキッチンツールで、iPhone、iPad、iPod Touchとプラグで直接接続して使用する。温度計には、耐熱シリコンの素材が使われていて、230度の高温にまで耐えられるよう設計されている。これを、鍋やオーブンの中にある食材の付近に設置することで、調理の温度の状態を正確に計測する。

温度計の計測結果は、「Range」のアプリを通じてデータがグラフ上に表示され、適温にあるかどうか、視覚化して提示する。また、適温から外れて高温になり過ぎたり、低温になり過ぎた場合は、アラーム音が鳴ってユーザーがどこにいても、iPhoneなどのデバイスを通じて知らせてくれるようになっている。

「Range」の温度計は-40度から230度まで読み取ることが可能で、食品に安全な素材で作られている点や、長さ調節ができる点、手洗いができる点もうれしいポイントだ。“Aqua”と“Ember”の2タイプが用意されていて、“Aqua”はさまざまな料理に対応する一般タイプ、“Ember”は突き刺して肉料理などに使用するタイプとなっている。

このスマート温度計「Range」は現在、資金調達プラットフォームKickstarterでキャンペーンを展開中。ローストチキンなど、中まで火が通っているかわかりにくい料理のとき、正確な調理温度を把握できるキッチンツールは役立ってくれることだろう。

Range
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報