海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 顔認識システムを使って“顔パス”で買い物の支払いが可能な「Uniqul」

Start Up

顔認識システムを使って“顔パス”で買い物の支払いが可能な「Uniqul」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Uniqul生体認証システムを使ったサービスが各方面で浸透しつつあるが、このほど登場したのは顔認識技術を使った支払いのサービス。フィンランドのスタートアップが開発した「Uniqul」を使うと、スーパーやガソリンスタンドでの支払いをレジに設置されたタブレット端末を使って“顔パス”で済ませられるというものだ。小売店など店側にとっては金銭のやりとりやカード決済の手間が省け、また消費者にとっても支払いにかかる時間がたったの5秒に短縮されるというメリットがある。

消費者が利用するには、まずアカウントを作成し顔認証に使う顔写真やクレジットカードなどの決済情報を登録する必要がある。すると、スーパーやブティックなどの小売店等のレジで清算する際に、設置されたタブレットで顔認証による本人確認をしてからユーザーはOKのボタンをタップするだけで支払いが済ませられる。気になるのは、顔認証システムの精度や情報のセキュリティだが、同社によると“軍事レベル”のアルゴリズムで本人確認を行うという。

利用に先立ち、ユーザーは生活の拠点となる“ホームエリア”を設定する。このサービスを使ったパイロットプログラムをヘルシンキで展開するにあたって、Uniqulはユーザーの“ホームエリア”からの距離に応じた使用料金を設定している。ホームから1—2キロの場合は0.99ユーロ、街中や郊外では2.99ユーロ、それ以外の場所では6.99ユーロとなっている。

最近では現金での支払いに代わって電子マネーやクレジットカードを使うシーンが増えてきているが、財布を持ち出す行為そのものも少なくなる時代がそこまできているのかもしれない。

Uniqul
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報