海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Marketing “Twitter”がテーマのホテルサービス、宿泊客同士で独自のコミュニティを形成

Marketing

“Twitter”がテーマのホテルサービス、宿泊客同士で独自のコミュニティを形成

「バカンス休暇のときくらい、ソーシャルネットワークから離れて自由に過ごしたい」と思う人もいれば、オンオフ問わずツイートを楽しみたいという人もいるだろう。そんな“Twitter中毒”な人には、スペインのMajorca島にあ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Sol-Wave-House「バカンス休暇のときくらい、ソーシャルネットワークから離れて自由に過ごしたい」と思う人もいれば、オンオフ問わずツイートを楽しみたいという人もいるだろう。そんな“Twitter中毒”な人には、スペインのMajorca島にある“Sol Wave House”ホテルがおすすめだ。

このホテルでは滞在の体験をより印象深く、楽しめるものにするために、Twitterをテーマにしたサービスを1年前にオープンした。ホテルの宿泊客は、ホテル内のWi-Fiを通じてのみ使用できる専用のアプリを使って、Twitterにログインすることができ、お互いにツイートを送り合うことができる。そのアプリ内には宿泊者専用のコミュニティが形成されており、写真をシェアしたり、プライベートなメッセージのやり取りをしたりできるほか、誰がオンライン上にいて、ホテル内のどこにいるのか見つけたり、バーチャルなキスを送ることまでできてしまう。

毎週金曜日には、プールパーティが開催され、Twitterをテーマにした特別なカクテルやドリンクを飲むことができる。また、“Twitter Party Suite”という特別なルームが用意されていて、ここで最大4名のゲストと一緒にプライベートなパーティを開いて楽しむことができる。

客は、“#FillMyFridge”のハッシュタグを使って、ドリンクのリクエストを送ったり、“@SolWaveHouse”にツイートすることで、プールの付近にいる他の客のために、ドリンクをオーダーすることなども可能だ。とにかくTwitterというツールに、とことんテーマを集約した新しいホテルサービス、興味がある人はトライしてみては。

Sol Wave House
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報