海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Social Media “合衆国連邦緊急事態管理庁”専用アプリに、被害状況の画像を住民がアップできる新機能が追加

Social Media

“合衆国連邦緊急事態管理庁”専用アプリに、被害状況の画像を住民がアップできる新機能が追加

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
FEMAapp地震などの天災が起きたとき、地域でいち早く被害状況や周辺住民の様子を把握することは重要となる。アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁(FEMA)では、公式のアプリをローンチしているが、このたび新たな機能が追加されたという。これまでは、避難所の場所を通知するなどの情報を提供していたが、ユーザーからも情報を送信できる“2方向性”の性質を併せ持つようになった。

この新しい機能は“Disaster Reporter”と呼ばれ、災害が起きたエリアの住民たちは、災害に関連する画像をアップし、FEMAのWebサイトで公開できるというもの。画像には短いコメント文も掲載することが可能だ。サイトに提出された画像は、災害に関連しているか、また他者のプライバシーを侵害するものではないかFEMAによってチェックされ、精査された画像が公開される運びとなる。これらアップされた画像はマップ上に配置され、一般の人々が自由に閲覧できる状態となる。

これまでは、TwitterやFacebook、Flickrなど、あらゆるSNSから雑多に情報がアップされることが多かったが、FEMAアプリという1つのアプリに情報を集約することで、地域住民がリアルタイムで関連情報を素早くキャッチできるだけでなく、災害救援に当たるスタッフたちが現状把握をする助けともなる。

今回のアップデートに対応しているのは、今のところAndroid版のみだが、近いうちにiOS版にも対応する見込みだ。

FEMAアプリ Android版
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報