海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 携帯端末の画面がソーラーパネルに 発電効率2倍の太陽光発電フィルム開発

Tech

携帯端末の画面がソーラーパネルに 発電効率2倍の太陽光発電フィルム開発

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
SolarCell画面に特殊なソーラーフィルムを貼って、太陽光で充電できる携帯端末が近い将来登場するかもしれない。米国のカルフォルニア大学ロサンジェルス校(UCLA)は、これまでのものより発電効率を高めた太陽光発電フィルムを開発したと発表した。薄いポリマー製フィルムを2枚重ねて使うことで効率的に太陽光を集めて発電することができるという。

このフィルムは透明で、建物の窓や車の屋根、そして携帯電話などのディスプレーに装着して使うことを想定している。UCLAの発表によると、このフィルムで太陽エネルギーを吸収して電気に変える効率は7.3%。屋根などに設置されているソーラーパネルの15−20%という数字には劣るが、UCLAがこれまでに開発したフィルムの効率は4%だったことを考えると、大きく改善したといえる。赤外線を吸収しやすいポリマーを使用したフィルムを2枚重ねることで、赤外線吸収率が高くなったという。この分野では他の大学も研究開発を進めていて、マサチューセッツ工科大学のフィルムの電気変換率は2%という。

太陽光発電というと、建物の屋上や屋根に設置された大きなパネルが頭に浮かぶが、研究者は「このフィルムの登場で太陽光発電は新たなステージを迎えることになるのでは」と期待する。住宅やオフィスビルの窓、そしてまた携帯端末のスクリーンをソーラーパネルに早変わりさせることができるとふんでいる。クリーンで、しかも懐にも優しいこのテクノロジー、実用化される日が待ち遠しい。

UCLA
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報