海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 女性起業家を支援する資金調達サイト「MoolaHoop」、社会貢献プロジェクトに特化

Start Up

女性起業家を支援する資金調達サイト「MoolaHoop」、社会貢献プロジェクトに特化

米国で女性が経営するスタートアップの数は1060万にものぼるとされているが、その数は全体の35%にすぎないという。また、そうした女性起業家でベンチャーキャピタルによる資金調達ができるのはわずか4.2%。つまり女性が経営す...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
MoolaHoop米国で女性が経営するスタートアップの数は1060万にものぼるとされているが、その数は全体の35%にすぎないという。また、そうした女性起業家でベンチャーキャピタルによる資金調達ができるのはわずか4.2%。つまり女性が経営するスタートアップは往々にして規模が小さく、成長がゆるやかだ。そうした状況を改善しようと、女性起業家を対象にした資金調達サイト「MoolaHoop」がサービスを開始した。中でも、社会に貢献するような意義あるプロジェクトに焦点をあてている。

MoolaHoopは他の資金調達サイト「Kickstarter」「Indiegogo」と同様、資金提供に対して何らかの恩賞でこたえるリワード式をとっているが、女性起業家によるプロジェクトのみを扱うという点で大きく異なる。そして、ただ資金調達を支援するだけが目的ではない。埋もれている有能な女性を起業家に育てることを視野に入れ、また女性の教育や職業訓練など社会貢献するようなプロジェクトに特化している。

例えば、MoolaHoopで資金を募ったプロジェクト第1号案件のひとつは、再生資源を使ったアクセサリーや戦争を生き抜いた女性が編んだものを扱うスタートアップだ。また、発展途上国の女性が手作りしたものを売るマーケットプレイスの構築プロジェクトもMoolaHoopで資金を募集している。このマーケットプレイスの売り上げの一部は商品が作られた国の非営利団体に寄付されるという。

このサイトは、IBMでエグゼクティブを務めたことのある女性2人が立ち上げた。MoolaHoop(丸い輪)という名称の通り、女性起業家を支援しながら大きな意味で社会を循環させるようなビジネスのサポートを目指しており、利益優先のビジネス社会に一石を投じるものとなるかもしれない。

MoolaHoop
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報