海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech DJI、4K撮影できる折りたたみ式小型ドローン「Mavic Air」発表

Tech

DJI、4K撮影できる折りたたみ式小型ドローン「Mavic Air」発表

大手ドローンメーカーDJIは、最新作となる「Mavic Air」を発表した。 ポータブル性を念頭に置いてデザインされたMavic Airはアームがたためるようになるなどコンパクトながら4K/30fpsで撮影ができ、既存の...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
大手ドローンメーカーDJIは、最新作となる「Mavic Air」を発表した。

ポータブル性を念頭に置いてデザインされたMavic Airはアームがたためるようになるなどコンパクトながら4K/30fpsで撮影ができ、既存のラインナップよりあらゆる性能アップが図られている。

・時速68キロで飛ぶ!


どれくらいコンパクトかというと、Mavic Proの半分ほどでポケットにすっぽりと入るサイズ。重さに至ってはMavic Proより41%も軽い430グラムだ。

これだけ小さい躯体ながら、トップスピードは時速68.4キロ。飛行時間はMavic Proより長い21分となる。

・3軸ジンバル搭載


肝心の撮影面ではまず、改良された3軸ジンバルカメラでブレの少ない撮影を可能にした点が大きい。

また、1/2.3CMOSセンサーと34ミリのレンズを搭載し、静止画なら1300万画素、動画なら4K/30fpsで撮影できる。

・8万8000円から


加えて、パノラマ、ブーメラン、アステロイドと呼ぶ撮影モードを用意し、さまざまなスタイルの撮影を手軽に楽しめる。撮影データは内部ストレージ(8GB)やマイクロSDカードに保存できる。

Mavic Airはすでにサイトでプレオーダーの受け付けが始まり、基本セットが799ドル(約8万8000円)、アクセサリーがついたセットが999ドル(約11万円)。1月29日から発送が始まる見込みだ。

DJI
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報