海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 喘息患者にありがたい!FDA認可のネブライザ「Avya」はどこでも吸入できるポータブルサイズ

Start Up

喘息患者にありがたい!FDA認可のネブライザ「Avya」はどこでも吸入できるポータブルサイズ

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
喘息を患うなど呼吸器系が弱い人にとって、症状がでたときにお世話になるのがネブライザ。細かい霧を発生させ、それを吸入することで症状を抑制できる。

そのネブライザ、病院などにある据え置き型ではなく、どこにでも持ち運べるように開発された「Avya」を今回は紹介しよう。

ナノ粒子の噴霧を発生させられる、米国食品医薬品局(FDA)認可の装置だ。

・違和感にすぐに対処


アレルギーや、大気汚染などにより、世界的に呼吸器系疾患の患者は増えているのだという。

そこで、ニューヨーク拠点の医療スタートアップAura Medicalが開発したのが、充電式バッテリーで作動するポータブルな「Avya」。

鼻や喉に違和感を感じたら、すぐに取り出して使えるというのがセールスポイントだ。

・噴霧の温度調整も


使い方は至ってシンプル。専用の食塩水を装置に入れ、電源をオンにするだけ。Avyaにはヒーターが内蔵されていて、細かな噴霧がつくられる。

あとは、鼻から吸入すると、噴霧が気道に広がって症状が抑えられる。ちなみに、噴霧の温度は調整できるようになっている。

症状はいつ出るかわからない。特に子どもの場合は急な発症が多い。日常でも、旅行でも使えるこうしたネブライザがあると安心だろう。

Avya は現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達中。すでに目標額は達成して商品化はほぼ確実な情勢だ。現在、149ドル(約1万7000円)の出資で入手できるので、症状に悩む方はチェックしてみてはどうだろう。出資期限は3月15日。

Avya/Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報