海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise 今までインフラ整備に3兆円を使ったGoogle、クラウド事業拡大に向けてさらに3つの海底ケーブルを建設

Enterprise

今までインフラ整備に3兆円を使ったGoogle、クラウド事業拡大に向けてさらに3つの海底ケーブルを建設

昨日発表されたばかりのグーグルの最新情報。同社は今後クラウド事業拡大をめざし、2019年までに、太平洋から北海にかけて、新たに3つの水中光ケーブルを建設する、とアナウンスした。 ・5地域にデータセンターも新設 このニュー...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
昨日発表されたばかりのグーグルの最新情報。同社は今後クラウド事業拡大をめざし、2019年までに、太平洋から北海にかけて、新たに3つの水中光ケーブルを建設する、とアナウンスした。

・5地域にデータセンターも新設


このニュースは、米国時間1月16日に、公式ブログに掲載された。海底ケーブルにはそれぞれ独自の名前があり、チリとロサンゼルスを結ぶラインには“Curie”、アメリカとデンマーク、アイルランドを結ぶコンソーシアムケーブルは“Havfrue”、アジアにおける主要な海底通信拠点を相互接続する香港・グアム間には“HK-G”と命名されている。

これに併せて、新しく5つの地域にデータセンターも開設される。2018年の第1四半期にオランダとモントリオール、ロサンゼルス、次いでフィンランド、香港に開く予定だ。実現すれば、同社は18地域にデータセンターを持つことになる。データセンターに関しては、以後さらに拠点を増やしていくつもりらしい。

・ライバル2社を意識した計画!?


一部メディアの中には、今回のインフラ拡大プランは、同社最大のライバル(アマゾンとマイクロソフト)をけん制する意味で行うのでは、という見方もある。

そう考えるのも無理はない。グーグルは現在、クラウドコンピューティングの収入では、前述2社に続いて3位。インフラストラクチャの改善と拡張は、競合に追いつく最善策と捉えられなくもない。

グーグルのクラウドプラットフォーム担当副社長Ben Treynor Sloss氏は、今回の計画について、「世界最大規模のネットワークの向上と、世界中のインターネットトラフィックの25パーセントを実現するためのものだ」と述べている。これまでにインフラ整備費用として、300億ドル(約3兆円)を費やしている同社。巨額の投資以上に大きな野望が、その先に潜んでいる。

blog.google

 
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

注目の記事

WHAT'S NEW

最新情報