海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile ソーシャル機能が加わった地図アプリ「Citymaps」リリース、Google Mapのライバルに

Mobile

ソーシャル機能が加わった地図アプリ「Citymaps」リリース、Google Mapのライバルに

スマートフォンやタブレットなどの携帯端末に必須の地図アプリは現在のところGoogleの独擅場となっている。しかしこのほど強力なライバルとなりそうなiPhoneアプリ「Citymaps」が登場した。今のところ米国限定だが、...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
citymapsスマートフォンやタブレットなどの携帯端末に必須の地図アプリは現在のところGoogleの独擅場となっている。しかしこのほど強力なライバルとなりそうなiPhoneアプリ「Citymaps」が登場した。今のところ米国限定だが、ソーシャルネットワーク上での評判が盛り込まれた小売店などの情報を閲覧したり、SNSでつながっている友人と地図を作成・シェアしたりすることができる「ソーシャルマップ」だ。

既存のマップアプリと大きく異なるのは、オリジナルのマップの作成やソーシャル機能を使ってのマップシェアだろう。例えば、近所の素敵なバー、あるいはお気に入りのレストランのリストを作ってマップに反映させたり、そのオリジナルマップを友人とシェアし、また友人がそのリストに情報を加えたりするのもOKとなっている。

また、Citymapsの地図をブラウズすると、小売店や飲食店、美術館などがアイコン(または写真)で表示される。大きな表示は、ソーシャルメディアで頻繁に取り上げられていることを示し、タップするとそのスポットの詳細情報やTwitter投稿、Instagramの写真が表示される。もちろんマップアプリとしての基本である目的地までの道順を示すナビ機能も備えている。

Citymapsはこれまでに500万ドルの資金を調達しており、今後はAndroid版アプリの開発とリリース、さらには現在米国のみのサービスをワールドワイドに広げることを視野に入れている。

Citymaps
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報