海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile ブロックチェーン活用のモバイル投票プラットフォーム「Voatz」があらゆる投票行動を変える!

Mobile

ブロックチェーン活用のモバイル投票プラットフォーム「Voatz」があらゆる投票行動を変える!

ブロックチェーンによる投票プラットフォーム開発のスタートアップVoatzは、今回新たに220万ドル(約2億4700万円)の資金調達に成功した。同社によるブロックチェーン技術を用いた投票ソリューションから、民主主義は大きな...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブロックチェーンによる投票プラットフォーム開発のスタートアップVoatzは、今回新たに220万ドル(約2億4700万円)の資金調達に成功した。同社によるブロックチェーン技術を用いた投票ソリューションから、民主主義は大きな恩恵を得るだろう。

投票所へ足が運びにくい、投票に行く時間が確保できない…といった環境要因が投票率を低くしている。また、投票システムの脆弱性により投票結果を不正に操作できることが判明していて、投票システムへの不信も高まっている。

こうした課題を解決するのが、改ざんが難しく堅牢なシステムを構築できるブロックチェーン技術で、これがブロックチェーン技術を扱うVoatzに注目が集まっている理由だ。

Voatzによる投票ソリューションから有権者が得られる恩恵とはどんなものだろうか。

・スマホやタブレットから安全で正確な投票を


Voatzのモバイル投票プラットフォームは、スマートフォンやタブレットを使ったセキュアで正確な投票を実現する。

生体認証と個人IDによる識別を利用し、セキュリティを高く保つと同時に有権者の匿名性も確保する。投票プロセスや結果はブロックチェーン上に逐一記録されるため、監査性においても優れたシステムとなっているのも特徴だ。

手軽で信頼性の高いモバイル投票プラットフォームは、投票のわずらわしさや投票システムへの不信感を払しょくするものだろう。

・投票への参加障壁を低くし政治参加意識を高める


モバイル投票プラットフォームは、大小さまざまな種類の投票イベントで活用できる。

実際、Voatzのプラットホームは、地方選挙での投票だけでなく、学術機関や労働組合、非営利団体の組織内投票などでも既に活用されてきた実績があり、活用範囲はとても広いものだ。

Voatzは投票への参加障壁を大幅に低くして、有権者の政治参加意識を高めることを目指している。

同社の投票ソリューションは、国政や市政、企業、学術機関から中小規模の組織まで、あらゆる場面での投票行動を変え民主化を推し進めるものだろう。

今回の資金調達でVoatzは、新たな機能の開発を加速することを計画しているようだ。まずは米国内での展開を拡大するとのことだが、ゆくゆくは世界の投票プラットフォームをけん引することに期待したい。

参照元:Blockchain-based mobile voting startup Voatz raises $2.2M in seed funding/silicon Angle
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

注目の記事

WHAT'S NEW

最新情報